大切な者 


いつまでいられるかな

大好きな笑顔に

暖かいぬくもり

どこまで一緒に行けるかな

小さな花の舞う草原

木漏れ日の落ちてくる木立

爽やかな風香る山々

いつでも一緒で

どこまでもそばにいて

安心して目を合わせ

声をかけ

笑い泣き

転げて遊ぶ

友だちであり

家族であり

そして同士でもあり

共に辛い時嬉しい時

温もりに安堵し

たまに喧嘩も

永遠はないのかな

人は生きていく限り

一人になるのかな

痛みはわたしのどこかを

貫いてきっと立っていられないくらいかもしれない

それでも

人はきっと生きていく限り

一人なのかもしれないんだね
スポンサーサイト


 この記事へのコメント: 

この記事へコメント:する














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

桜咲 やよい

Author:桜咲 やよい
woman

ところどころに緑の点在するまだまだ田舎っぽいところに住んでいます

QR