FC2ブログ

 きみを探して 


僕は旅に出よう

きみに巡り合う為に

見下ろす湖は碧く

こずえはぼんやりした色をたたえて

僕の中に不安を残す

ただ、山を見上げると

その先には抜ける空が

両手を広げて微笑んでいる

きみがどこにいるのか

まったく当てもないのに

僕は歩く

鳥が鳴き山を後にし

風に乗り飛び立とうと

僕には歩く事しかできないから

ダウンの襟を立てて

山に分け入れば

足の下にふんわりと

柔らかい次の季節の魔法が

隠れている

さて、僕はこれから

どこに向かって

歩けばいい?

息が凍りそうな中に

僕の言葉は

溶けてゆく

不思議だな

まったく寒さを感じないよ

きみを探し当てるまでは

スポンサーサイト


 この記事へのコメント: 

この記事へコメント:する














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

桜咲 やよい

Author:桜咲 やよい
woman

ところどころに緑の点在するまだまだ田舎っぽいところに住んでいます

QR