赤い傘の花 

傘の花が咲く

突然降り出した白いミスト

世界を軽いヴェールで包む

私は手にあなたの傘を握りしめ

揺れる傘の花が咲くのを眺めている

色とりどりポンと音を立てて咲く花々

その赤い一つにあなたの横顔

駅の雑踏、赤、青、緑

私が行くのは知っていたでしょ?

揺れる色の中

赤い花は二つの影を一つにして遠のいてゆく

ミストは一本の糸になり

私のもとに押し寄せる

大好きなあなたのチェック柄が濡れて色濃くなってゆき

手の中で、雨が溢れて私をおぼれさせる

ここからどうやって帰ろうか

忙しそうに人ごみはどんどん流れてゆく

ただたたずむ事しかできないまま

雨が止むのを

待つ目の前から

もう背伸びしても見えないほど遠い

あなたを包んでいる赤い傘の花



スポンサーサイト


 この記事へのコメント: 

この記事へコメント:する














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

桜咲 やよい

Author:桜咲 やよい
woman

ところどころに緑の点在するまだまだ田舎っぽいところに住んでいます

QR