いかりと悲しみと 

いかりはどこから

     湧いてくる?

なぜ、穏やかな水の表面に

     ささくれだった傷がついて行くのだろう

あんなにも深く、悲しくたくさん

言葉は武器になり

おざなりな慰めや気づかいさえ

     鋭利な刃物に変わる

傷は他人を巻き込んで

     大きな嵐を作り出す

ただ、心に矛盾が苦しいだけなのに

大きくなれない自分が

     許せないだけなのに

全ての人の

いかりが

やるせなさが

悲しみが

こうやって広がってゆく

ただ、闇雲に
スポンサーサイト


 この記事へのコメント: 

この記事へコメント:する














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

桜咲 やよい

Author:桜咲 やよい
woman

ところどころに緑の点在するまだまだ田舎っぽいところに住んでいます

QR