太陽と月と星を 

海の上をずっと歩いていこう

    そこに太陽が落ちているよ

草原をずっと緑の上を飛んでゆくと

    まんまるの月がまどろんでいる

夜空に手を伸ばしてジャンプすれば

    星のかけらが手のひらにこんなにたくさん

西に行けば

    地球はまあるくて

この場所に戻ってくるなんて

    信じてないけど本当なんだね

目をつぶると

    いとしい人の顔が笑ってる

生きるって言うのは

    そういう事で

夢の中なのか

    本当のことなのか

区別さえつかない

だけど

本当に太陽も月も星も

    君の手の中にあるんだ

       
スポンサーサイト


 この記事へのコメント: 

この記事へコメント:する














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

桜咲 やよい

Author:桜咲 やよい
woman

ところどころに緑の点在するまだまだ田舎っぽいところに住んでいます

QR